堤防ダンゴ釣りにおすすめのロッド5選|ルアーロッドでも可!筏竿は不向き?

堤防ダンゴ釣法は、筏やカセから行うダンゴ釣りをそのまま堤防で行う釣りです。ダンゴを足元に落として竿先でアタリを取ります。ウキでアタリを取る紀州釣りとは異なる釣りになります。

釣り方は堤防ダンゴ釣り入門をご覧ください。

堤防ダンゴ釣りにおすすめのロッドの条件

堤防ダンゴ釣りは竿選びが最重要です。以下の2つのポイントとなります。

アタリを取れる柔らかい穂先であること

堤防ダンゴ釣りはチヌの繊細なアタリを取る必要があります。

目安としては先径が1mm以下のソリッドティップのロッドを選んでいただければ良いと思います。

海面まで届く長さがあること

なぜ海面までの長さが必要なのかというと、風の影響を受けやすいからです。

海面までの距離があるとラインが風に煽られてアタリが取りづらくなってしまいます。足場が高すぎる釣り場だと、たとえ無風でもこの釣法は厳しいです。

筏竿は短いものが多いので、使えるものは限られて来ます。

堤防ダンゴ釣りに使えるロッド

長めのイカダ竿

やはり本職の筏竿が一番使いやすいです。もしあなたが行く釣り場が、海面までの距離が近いならば、長めのイカダ竿を購入していただくのがベストでしょう。

ヘチ竿・落とし込み竿

もしイカダ竿では距離が足りない場合はヘチ竿を使ってください。ヘチ竿はイカダ竿と同じようにガイドの数が多く繊細なアタリを取れるように作られています。

アジングロッド

ソリッドティップのアジングロッドを持っている場合、堤防ダンゴ釣りに使うことができます。

堤防ダンゴ釣りにおすすめのロッド5選

シマノ(SHIMANO) アドバンス イカダ 82-180

シマノ(SHIMANO)
¥13,245 (2020/09/30 06:37:31時点 Amazon調べ-詳細)

シマノのリーズナブルなイカダ竿です。「海面まですぐそこ」という釣り場だったらイカダ竿を選びましょう。

ダイワ チヌ竿 飛竜 イカダ 210・V

ダイワ(DAIWA)
¥11,276 (2020/09/30 06:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

販売されているイカダ竿の中では一番長いロッドです。180cmになると選択肢が増えますが、210cmのイカダ竿は飛竜イカダだけです。

BJ スナイパー ヘチX XH-240

先径0.5mmのグラスソリッド穂先で繊細なアタリが取れるヘチ竿です。1:9の先調子なので堤防ダンゴ釣りにも向いています。長さは240mm,270mm,310mmの3種類があります。

プロックス (PROX) CX攻技ヘチ

プロックス
¥8,763 (2020/09/30 06:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

白いグラスソリッド穂先にオレンジ糸が巻かれた視認性の良いデザインです。

プロマリン(PRO MARINE) CB グランダーヘチ 300

PRO MARINE(プロマリン)
¥5,808 (2020/09/30 06:37:33時点 Amazon調べ-詳細)

リーズナブルなヘチ竿です。3mの長いレングスをいかして、高い足場でもアタリを取ることができます。

堤防ダンゴ釣り用ロッドは釣り場に合わせて選びましょう

堤防ダンゴ釣りは「竿の長さ」が本当に重要になってくる釣りです。高ければよいというものでは有りません。

自分がよく行く釣り場に合わせて、適切な長さのロッドを選択するようにしましょう。