佐世保の地磯でフカセ釣り!2時間でチヌが4枚!

※ポイントの詳細情報は場荒れ防止のためnoteで公開しています。

佐世保市内の地磯へ釣行してきました。

今回の地磯は佐世保市内の地磯の中でも、特に水深のあるポイントです。

干潮時にしか行くことができないので、朝マズメと干潮時が重なるタイミングの2時間ほどの釣行となりました。

夜明け前に釣り座に到着、夜の地磯歩きは特に注意をしなければなりません^^;

仕掛けは下記の通り。

  • ウキ:5B
  • ハリス:2号2ヒロ
  • タナ:竿2本(約11m)
  • 撒き餌:オキアミ、チヌ用配合餌
  • 刺し餌:オキアミ

これでスタート。

5投目ほど、エサ取りもいない状態でしたがウキが消し込むアタリ。

強烈な引きで手前に潜られそうになるものの、浮いてきたのは47cmのクロダイでした。

ストリンガーにつないで、すかさずキャスト。

すると、次はウキどころか糸を強く引っ張る強烈なアタリ。

少しサイズダウンし、45cmくらいのチヌでした。

その後、しばらくアタリがない状態が続きましたが、1時間ほど経った頃に、またもやラインが出るアタリ。

35cmほどでしたが、元気なクロダイでした。

その後一匹追加し…

これ以上釣ると、潮が満ちて帰れなくなるので納竿となりました。

今回使った集魚剤はマルキューの「濁りオカラ」

高い濁り性能と高比重、深いタナまで煙幕をきかせることができます。濁りオカラは本来、紀州釣りなどで使用するダンゴ用の餌ですが、フカセ釣りにも使えます。

最初から濁っている海ですと、濁らせる必要もあまりないのですが、澄み潮のフィールドでは撒き餌によって濁りを作り出すことが重要です。

マルキュー(MARUKYU)
¥1,100 (2020/10/22 11:25:33時点 Amazon調べ-詳細)

ここの地磯は、来ると必ずと言っていいほどチヌが釣れるのですが、不思議とエサ取りがおらず、この日もチヌだけがピンポイントに釣れました。

ポイントの場所や駐車スペースなどの情報は下記のnoteで公開しておりますので、よければご覧ください。

ほぼ確実にチヌが釣れる佐世保市の地磯(GPSあり)