【2020年秋】佐世保エギング秋アオリシーズン開幕!ムラムラチェリーで好釣!!

※ポイントの情報は場荒れ防止のためnoteで公開してます。

10月の頭に、秋アオリイカ(ミズイカ)の調査で佐世保市内のポイントをランガンしてきました!

今回は北から南下してアオリイカの様子を確認したいと思います。時間はちょうどお昼の12時。まずは、人のあまりいない堤防ポイントから。

エギはもちろん、エギ王 K ベーシックのムラムラチェリーです。

ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,188 (2020/10/21 20:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

一投目、丁寧に手前までシャクってくるとアオリイカが追ってくるのが見えます…!

すかさず、ボトムまでフォールさせシャクる→ステイ→シャクる→ステイ

ボトムから3回ほどシャクってステイさせたところで竿先がグンッと沈みました。秋らしいサイズの元気なアオリイカです。

同じところにキャスト、すると今度はボトムまでフォールさせて一回目のシャクりでHIT!

少し風があったため、アタリが分かりませんでしたが、乗った後はこのサイズでも結構引きます。

同じ堤防で続けてキャストしましたが、反応がなくなったため、場所移動…

 

次に訪れたのは港の岸壁ポイントです。

ここは青物の回遊もあり魚影の濃いポイントです。

さっそくエギをキャストすると、結構な水深。何回かシャクると、今度はわかりやすく穂先が入るアタリ。ここでも一投目からヒットでした!

 

すこし小移動してキャストの向きを変更します。

すると、またもや穂先をひったくるアタリが…!しかし、アワセが遅れて乗せきれませんでした…

結局この場所では一匹のみの釣果、次のポイントに向かいます。

 

水深のある地磯ポイントです。ここでも一投目から違和感。乗りませんでしたが、アオリイカの気配は感じます。

風が強いのでエギを3号に変更します。ダート性能が高いエギ王LIVEのムラムラチェリーです。

ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,012 (2020/10/22 02:22:52時点 Amazon調べ-詳細)

2投目、今度は糸を強く引っ張るアタリ。

地磯エギングは海面との距離が近いので、迫力があって楽しいです!

この場所では、もう一杯追加し、そろそろ帰ろうと思ったときに、強いアタリが…!

コウイカ君でした~(笑) こちらはリリース。

エギも墨だらけになったのでここで納竿としました。

アオリイカは計5杯。

大きなもので胴長15cmでした。

佐世保エギング秋アオリシーズン、完全にスタートしてました!

すべてエギ王のムラムラチェリーによる釣果でした。

エギ王はいろいろ種類があるため、最初はどれがいいかわからないと思いますが、「エギ王 Kのベーシック」を持っておけば、とりあえずオールマイティに使えると思います。

ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,188 (2020/10/21 20:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

今回は各ポイント、1投目にアタリが集中しました。エギングは1か所のポイントで粘るのではなく、場所移動をしながら釣ったほうが釣果が上がります。

今回のポイントを含む、私のおすすめの佐世保エギングポイントは下記のnoteに公開していますので、興味がある方はご覧ください。

佐世保エギングポイントマップはこちら