アイスジグで簡単にメバルを釣ってしまった話【知多半島】

最近の釣果ではありませんが、今年の2月頃にアイスジグでメバルを釣った話をしたいと思います。

アイスジグとは?

Rapala(ラパラ)さんから発売されているルアーです。アイスジグというのは通称(?)のようで、本名はジギングラップと言います。非常に個性的な形をしていますね。別に最近のものではなく何年も前からあるルアーです。
この変わった形が非常に面白い動きをします。実際魚の反応も良いです。
カラーは白とブルピンが人気色のようです。私がメバルを釣ったカラーもブルピンです。

まずはこの動画を見よ!

まあ、実際には魚がいるかどうかが大きく関わってきますが、アイスジグのポテンシャルは感じてもらえたのではないでしょうか?

釣れた場所・ポイント

申し訳ないのですが今回は詳しい場所は控えたいと思います。大雑把に言うと南知多周辺の堤防(テトラではない)です。
ただ、メバルはいろんな漁港にいますしメバリングができるポイントであれば問題ないかと思います。

タックル

普通のメバリング・アジングロッドで大丈夫です。

アイスジグの動かし方

このルアーの面白いところは、真下に落としてチョンチョンしているだけで釣れてしまうということ。
なんでこんなに釣れるの?」と思うほど反応が良いです。

もちろんキャストしてもOKです。しかし唯一のデメリットとして根掛かりしやすいということがあるので、十分に気をつけてください。

基本的にはキャストした後は底まで落とし、チョンチョンして棚を探っていきます。私がやっていると中層で当たる場合が多く、おそらく根から出てきて追いかけてきてるのではないかと思います。ですからあまりボトムを重点的に探る必要はないと思います。
アクションが早すぎると乗らないので、遅くするか、たまにフォールやステイを入れて食う暇を与えてあげると良いでしょう。

初めてメバルを釣った

実はアイスジグで釣る前は、まともなサイズのメバルを釣ったことがありませんでした。何回かメバリングにも行ったんだけどなぁ…
この釣りは遊びのつもりでやり始めたのですが、あんなに釣れなかったメバルがいとも簡単に釣れてしまって本当にびっくりしました。しかもデイで

アイスジグはメバルだけではなく様々な魚を釣ることができますので、一種目を狙って釣るより五目釣りが好きな私には向いているなと思います。

10月、11月になるとメバルのシーズンに突入していきますので皆さんも是非試してみてください。

(何かアイスジグのステマ記事みたいになりましたが本当に楽しい釣りですよ〜)