【軽量】ライトショアジギングにおススメのロッド6選

 

ライトショアジギングに専用ロッドは必ずしも必要ない

まず、今回は40gまでを投げるのをライトショアジギングだと定義しますが、必ずしも専用ロッドを購入しなければいけないわけではありません。

専用ロッドは重い

もしあなたがヒラマサを狙いで100gのジグを投げるとなったら、専用ロッドを買った方がいいでしょう。しかし「とりあえずジグを投げて釣りをしたい」という人にとって専用ロッドは重く、パワーがありすぎます。

私はダイワのジグキャスターの96MHを所有しておりますが、重量が260gあり、とても長時間シャクれるようなロッドではありません。

ライトショアジギングを快適に行う上でロッドの軽さは最重要です。

硬めのシーバスロッドがおススメ

結論から言いますと専用ロッドが重すぎるという場合はシーバスロッドがおススメです。シーバスロッドは同じルアーウェイトでも、ショアジギングロッドよりも軽く設計されています。

↓同価格帯のロッドを比較しました、対応するルアー重量はどちらもMAX60gです

シーバスロッド:ラテオR 100MH 153g
ショアジギロッド:ジグキャスターMX 93M 205g

上記のように同じルアーウェイトでも52gの違いがあります。

もちろん、ショアジギングロッドが重たいのには訳があります。青物に耐えうるパワーとジグを操作しやすくするために硬めのロッドになっています。

対してシーバスロッドは柔らかめに設定されており、ショアジギングロッドに比べて張りがありません。

このことで、「ジグが操作しずらい」という方もいますが、この辺は慣れの問題かなと思います。実際シーバスロッドでショアジギングをやっている方はたくさんいます。

ライトショアジギングにおススメのロッド

ダイワ ラテオR 96M

Daiwa(ダイワ)
¥24,469 (2021/04/12 08:37:47時点 Amazon調べ-詳細)

ルアーウェイトが10~50gとライトショアジギングに最適な設定で、尚且つ143gという軽さのロッドです。

ダイワ ラテオモバイル 96M-4

ダイワ(DAIWA)
¥27,781 (2021/04/12 08:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはラテオのモバイル版ロッドです。ルアーウェイト10~50gで仕舞寸が78cmとコンパクトに収納でき、4本継ながら149gと軽量です。

レイジー 96M

こちらは上記のラテオの下位版になります。重量は150gと、ラテオよりも少し重くなりますが、それでも必要十分な性能を秘めています。

シマノ ディアルーナ S96M

シマノのシーバスロッドディアルーナのスピニングモデルです。ルアーウェイトは8~45g、重量が141gです。

シマノ エンカウンター S96M

こちらもジグウェイトMAX50gで重量145gの軽量シーバスロッドです。今回紹介したロッドでは再安価なモデルとなります。

ダイワ ジグキャスターライトMX 89L

ルアーウェイトは5~30gとライトな設定ですが、専用ロッドなので粘りがあり、楽に魚を浮かせることができます。(私はこのロッドでヒラメ68cmを上げました)145gと軽量で、1日使っていても疲れないロッドです。

まとめ:軽さは正義、長時間ジグを投げて釣果を上げよう

釣りはキャストの回数を多くすること、手返しが重要です。多くキャストしている人には、それだけ多く釣れるチャンスが訪れます。

今回紹介したように、メタルジグをなげるために必ずしも重たい専用ロッドは必要ありません。

軽量ロッドを使って、ライトショアジギングを楽しみましょう。